フィリピン産唐辛子で!一味唐辛子と自家製ラー油を作ってみました∠( ̄^ ̄)。


今日は自家製の一味唐辛子と自家製ラー油を 

作ってみたので! 

ブログの記事にしたいと思います(>_<)ゞ。 


夜遊び情報一切無しの
つまらない記事です。 


たまには真面目に書いても良い(´・_・`)カナ-。 


私は昔からタイに行くと数回に1回は 
山ほど東南アジアの辛い唐辛子を 
大量に買って来てましたw。

 

上記写真は 
去年SMクラークモールで 
帰国後に生で食べる為に 
少量買った時の写真です。 


めちゃくちゃ高い唐辛子😱😱😱。 


時期と買う場所にもよると思いますが 
通常はめちゃくちゃ安いです。 


今年2月に大量買いした時は 
1kgで150ペソとかでしたよ。 
(300円ちょい) 


日本には生の果物や野菜類は 
持ち込み禁止です!! 
ですので生の唐辛子は禁止です(´・x・`)。 


見つかればもちろん没収🤭。 



真似しないで下さいね~(>_<)。 


羽田空港のビーグル🐶は優秀ですよ~🤐。 


自分で長期間乾燥させた 
一味唐辛子と自家製ラー油は絶品です。 


風味が全然違います! 
私は辛いのが大好きなので 
市販の一味唐辛子では 
直ぐに無くなるので 
東南アジアの唐辛子は重宝しています。 


日本国内でも
探すとジョロキアとかハバネロとか 
世界で有名な激辛唐辛子は 
日本でも売っていますが……。 
(とても高価)


辛いのが先行してしまい 
私の個人的な感想ですが 
旨味や風味が辛味に消されてしまって😞。 


私は東南アジアの唐辛子を 
好きで買って帰って来ます🤐。 


それでは 
最初に乾燥させます。 


根気よく乾燥させます
季節により
3ヶ月~半年は乾燥させます。 


表面は乾いていても 
中身が乾燥しないので 
充分な時間乾燥させます。 


タイでは
プリッキーヌスワンと言う 
小さな激辛唐辛子もあるので 
買ってきて自家製一味を作ったのですが……。 


私は普通のサイズの唐辛子の方が
風味が強く好きなので
普通サイズでいつも作ります。 


唐辛子は皆様もご存知の通り 
種類がいっぱい有るので 
興味が有る方は
色々自分好みで 
試してみて下さいね~( ´ ` )。 


それでは 
乾燥が充分に終わりますと 
手で握ると 
粉々になる状態になりました。 

 

これを家庭用ミキサーやフードプロセッサーで 
粉末にしていきます。 


日本の鷹の爪唐辛子よりは
数十倍辛味が強いので 
作業には手袋とマスクとゴーグルw
用意すれば完璧なんですが 
私は気を付けて作業してます。 
ꉂ(ˊᗜˋ*)ヶラヶラ。 

 

出来れば種を取った方が

雑味は減る気かします。 

 

この種取り作業をするか(-ω-?)。 

省くか(-ω-?)。
 
で最後の食味に差が出ます。 

 

しかし😂本当にめんどくさいし 
時間がかかります。 


種を入れた方が辛いので 
そのままでも充分美味しいと思いますよ。 


私のつまらないこだわりで…… 
少しでも雑味を減らすには 
種を取り除く(ง •̀_•́)ง 。
 
この様な作業をしています。 

 

うちにはフードプロセッサーが有るので 
それを毎回使ってます。 

 

フィリピン産唐辛子の 

一味唐辛子が完成😎。 



とても簡単です! 
ハンドメイドなので風味が良いです。 


この粉砕された唐辛子粉の付着した手で 
自分の眼や子供の顔なんて触った日には(T^T) 
大変な事になりますので
充分に気を付けて下さい。

 

喜んでくれる知り合い用と会社の休憩室用。 


会社の同僚は!
フィリピンの不味いお菓子より 
唐辛子の方が余程良いと言ってくれるので……。 


最近はこれで(笑)。 


私はもう一種類作ります。 

それがこれです。 

 

 

ここにごま油を注ぎます。 

 

完全に密封して 
涼しい冷暗所で3ヶ月以上放置。 

 

無添加の自家製ラー油の完成です。 



市販のラー油が食べれなくなりますよ~(*≧▽≦)。 


いかがでしたか?。 


自家製の一味唐辛子ラー油です。 


もちろん日本の鷹の爪でも作れます。 


蕎麦にかけても
味噌汁にかけても 
私はカレーにも納豆にも(*≧▽≦)。 


風味がぱぁーっと広がり 
とても美味しくいただいてます。 


良ければ皆様も作ってみて下さい∠( ̄^ ̄)。

ブログ村に参加しています。
よろしければポチッお願いします。
↓↓↓↓


ありがとうございます。

では、また(^∇^)ノ。 

コメント

非公開コメント

トラックバック