セブパシフィック航空5J5069便✈️に乗ってみた!!LCCの国際線ってどうなの!?【成田発⇒クラーク直行便】


成田空港からフィリピン ・クラーク空港への直行便



先日、2019年8月に
遂に関東近郊在住者待望の
アンヘレスへの直行便
セブパシフィック航空により就航しました


約1年半前に関西国際空港から
ジェットスターが
クラーク直行便を就航した時は
本当に私は個人的に羨ましかったです


マニラの渋滞や時間のロスを考えますと
クラーク直行便待望の出来事でした。


セブパシフィック航空。



今日は現在フィリピンで最大の航空会社である
セブパシフィック航空に初搭乗しましたので
レポートをアップしようと思います(*_ _)。


セブパシフィック航空は現在(2019年12月)
フィリピンで最大の格安航空会社(LCC)です。 

(公式Instagramより引用) 

https://www.cebupacificair.com/ja-jp
(セブパシフィック公式サイト)

現在、日本の成田・関空・中部・福岡から
フィリピンのマニラ・セブ・クラークまで
就航しています。


LCCと聞くと、安全面などを
心配される方もいるかと思います。


私も数年前まではそうでした!。


しかし、安全面に関して調べますと
2018年、航空格付け会社
アラインレイティングスが発表した
航空会社の格付けでは
最高評価の7星☆☆☆☆☆☆☆を獲得しています。


これは日本の航空会社の

JALとANAと同じ評価です。



セブパシフィック航空も含めて
日本に乗り入れる航空機については
日本の国土交通省が安全基準を作り
監督しているそうです!
LCCだから甘い基準とかは一切無いそうです。


セブパシフィック航空は
遅延なども耳にしますが
遅延はするけど欠航はしない!が
ポリシーσ( ̄^ ̄)?らしいです。


5J5069便に関しては
ほとんど遅延もありません
皆様が手配したい便の遅延・欠航率なども
現在は簡単に調べられますので
調べてから手配下さい。


5J5069便・搭乗記。



5J5069便  成田13時15分⇒クラーク17時到着
運航日は月・水・金・日の週4便の運航。


今回は1ヶ月半位前に
プロモーションで手配しまして
往復コミコミ18.000円ぐらい!。
(基本運賃のみでオプション無し)


めちゃくちゃ安いです
もっと安い時もあるみたいです。


シート事前指定・預入荷物・機内食は有料


出発は成田国際空港第2ターミナル。


この日は11時頃に空港へ到着
オフシーズンの
平日なのでガラガラσ( ̄^ ̄)?。


チェックインカウンターはRS。


Rカウンターから長蛇の列(>︿<。)。


マニラ行きの5J5055便と
ほぼ同発
チェックインカウンターも同じな為
Rカウンターだけ大行列!!。


クラーク行きはA320型機なので
セブパシフィックではシート数は180席
しかし!マニラ行きは
A330型機なので436席∑( ̄Д ̄;)。


単純に両便満席ですと616人の乗客が
チェックインカウンターに並ぶ事となります!。


この時は出発の約2時間前で
軽く150人以上の人
並んでいたと思います(*_ _)。


オンラインチェックイン。



セブパシフィック航空から
出発の1週間前になると
チケット購入時に登録した
メールアドレスの方に
オンラインチェックインの案内のメールが届きます


今回、私は取り敢えず
やっておきましたが
今回の行列を見てしまうと必須だと思います。


この時はオンラインチェックインは
10人ほどの先客で
5分位でチェックイン完了。


セブパシフィック航空では
オンラインチェックインをしていても
預け荷物が無くても
チェックインカウンターで
手続きする必要があります


この時に機内持ち込み手荷物を計量
機内持ち込み手荷物は7kgまでです


ギリギリの時間での
成田空港への到着は危険です。

時間の余裕を持って下さい。



この日の搭乗ゲートは1番遠い85番ゲートでした。


途中、動く歩道から
マニラ行きのA330機も見えました。


個人的には好きな機種です。

ゆっくり動く歩道に乗って行けば
10分はかかります!
途中、免税店や飲食をして85番ゲートに到着。


クラーク行きのA320便も待機中。


個人的には通路1本なので
あまり好きでは無い機体です(´▽`*)アハハ。


出発まで吉野家で食事をして
ゆっくり過ごして搭乗を待ちました。


セブパシフィック航空の機内食の
評判はあまり良くないようです。


いつもほぼ定刻搭乗の
定刻出発なのにこの日に限って😢
出発が30分ほど遅れました。
(LCCですので、この位は優秀です)


機内はほぼ満席でした。


人種の割合的には
フィリピン人6割日本人2割
その他多国籍と言う感じでした。


今回は預け入れ無し
シート指定も無しで試しました。


シートピッチは狭いです。



LCCは国内線で10回位しか
乗った経験しかありません
しかも、全て1番前の足元広々シート(有料)
しか経験ありません(*_ _)。


ですので、JALやANAと比べた印象なので
私の感想はあてになりません


ネット情報ではピーチ航空などは
もっと狭い様な事が書かれていましたが?。


シートに座ると縦横と狭い印象でした。


シートの座り心地は悪く無かったです


硬すぎず柔らかすぎず
ちょうど良かったです。


私は身長178センチの普通体型なんですが
お尻を、めいいっぱい後ろにして
拳が1個がやっと位でした。
(シートピッチは微妙に列によって違います)


しかし、前席の下に足を伸ばせば
5時間以内のフライトでは!
そこまで苦痛は感じませんでした


しかし、機内が恐ろしく寒いので
何か羽織る物を持ち込む事をおすすめします


間違っても、現地は常夏だからと
Tシャツにハーフパンツで搭乗しますと!
後悔すると思います。


離陸後20分後には事前申し込みの
機内食が配られていました。


それが終わると一般の販売が始まります。



トイレは1番前に1ヶ所と1番後ろに2ヶ所。


簡単な軽食類やドリンクは
機内で買う事が出来ます。


フィリピンペソPHP表示ですが
日本円でも買えます!
この時は水とホットコーヒーを注文しました。


しかし、お釣りはペソで数時間後?
(この時は2時間位してから)
計算してから返してくれます(´▽`*)アハハ。


慌てず待ちましょう!
セブパシフィック航空はLCCなので
もちろん機内販売は全て有料
機内持ち込みは大丈夫みたいです。


エンターテインメントももちろん無し
暇潰しになる物を持ち込むか
寝るかしかありません(*_ _)。


私はYouTubeを保存し
スマホで見たり寝たりを繰り返し
15分遅れでクラーク国際空港に到着しました。


飛行時間はだいたい4時間ちょい~4時間半
この時は4時間ちょいでしたが
出発が遅れましたので少し到着は遅れました。


しかし、マニラの第1・第2ターミナルの
イミグレーションの行列を経験してるので
クラークのガラガラのイミグレーション
ノーストレスで通過出来たのも大きいです。 


今後、クラークに行くとすれば?(・_・?) 
私の個人的な感想は
フィリピンのパンパンガ州に行く
(アンヘレス)時は

セブパシフィック航空の直行便の一択です。



以上、今年8月に初めて成田⇔クラークへ
直行便が就航した
セブパシフィック航空の搭乗記でした。


最後までお読み下さり
ありがとうございました(*_ _)。

ブログ村に参加してます
少しでも役にたった方は
ポチッとお願いします↓↓↓。 


いつも、ありがとうございます😊。

コメント

非公開コメント

トラックバック