セブパシフィック航空5J5068便✈️に乗ってみた!!クラークから早朝発のLCCの国際線ってどうなの?!【クラーク発⇒成田直行便】


フィリピン ・クラーク空港から成田空港への直行便。



先日、2019年8月に遂に関東近郊在住者待望
成田からアンヘレスへの直行便
セブパシフィック航空により就航しました。 

 
(公出Instagramより引用) 

セブパシフィック航空についての記事は
以前の記事をご覧下さい(*_ _)。
 
https://paruparopapa.jp/blog-entry-120.html
(セブパシフィック航空過去記事)


5J5068便 


クラーク国際空港7時発
成田国際空港12時30分着 
毎週、月・水・金・日と週4便運行。 


朝が早いですので
成田に着くのも早いです(´▽`*)アハハ。 


今回は、現在フィリピンで最大の航空会社である 
セブパシフィック航空で
クラークから帰国しましたので 
レポートをアップしようと思います(*_ _)。 


5J5068便はクラーク国際空港を7時に出発します。 


全く同じ時刻にジェットスターが
関西国際空港に向けて出発します。 


チェックインカウンターが違いますので 
関係ありません(´▽`*)アハハ。 


5J5068便・搭乗記。 



2019年11月某日。 


7時クラーク発ですと 
国際線ですので
空港には2時間以上前には到着したい所です(*_ _) 
今回はホテルからGRABタクシーで20分かからず 
4時半前には空港に到着🚕。 


以前までの帰国時は(マニラ午前発)
4時頃ホテル出発⇒
マニラ・ニノイアキノ国際空港到着が
6時頃でしたので 
比べるのも間違っているぐらいの
差があります(´▽`*)アハハ。 

 

出国の入口も1ヶ所しかありません 
間違えようが無いぐらい
コンパクトな空港です。 


出国の入口のセキュリティーに 
Eチケットコピーかスマホなどに保存した
Eチケットを見せて入口を通過して下さい。 


入って直ぐにセブパシフィックの
チェックインカウンターが見えて来ます!。 


この時のこの時間は
オンラインチェックインの
並ぶ場所は確認出来ませんでした。 


成田行きには数人並んでいるだけでした 
香港行きのカウンターと
成田行きのカウンターが稼働中でしたが。 


空いたカウンターに呼ばれる感じで 
私は5分程で香港行きのカウンターで 
手荷物の重量確認とパスポートの確認で終了。 


帰りの便のオンラインチェックインは 
どっちでも良いかと思います(*_ _)。 
(オンラインチェックインは
 行きと帰りは別々に手続きします) 

 

チケットを貰ったらこちらで 
ターミナルフィー(空港使用料)の
支払い600ペソ 
現在クラーク国際空港では
現金のみなので注意下さい。 


簡単な手荷物検査を受けて 
誰も並んでないイミグレーションを通過して 
この時は全て通過に15分ぐらいでした。 


コンパクトな空港ですので本当に楽です。 



無事に空港内に、まだ出発まで約2時間の 
時刻は5時頃でした。 

 

簡単な軽食類の店舗は
色々オープンしていましたよ 
小腹が空いていたので。 

 

味は東南アジアのレベル(´▽`*)アハハ。 

 

日本へのお土産を買われる方も安心です。 

 

2階にエスカレーターか 
エレベーターで上がりますと 
今回搭乗するゲートが見えて来ます。 

 

今回の搭乗ゲートは6でした 
オンタイムが7時ジャストですので 
6時半前には搭乗案内がある予定です。 


成田行きの5J5068便も 
毎回、ほとんど遅延せずに出発しています 
ですので、6時半頃までにはゲート近辺に 
いた方が良いと思います(*_ _)。 

 

国際線の2階出発階の全体写真です。 


日本の小さい空港と同じで
非常にコンパクトで
安心です(´▽`*)アハハ。 

 

 

タバコが吸いたい方は300ペソで(´▽`*)アハハ。 



セブパシフィック航空には
ビジネスクラスは無いので
そうなるかと思います。 


プライオリティ・パスをお持ちの方は 
喫煙所付きのラウンジへ。 


この時は6時半前に搭乗案内から搭乗へ。 

 

帰りも行きと同じA320型機。 


クラーク国際空港は1日の離着陸数も 
非常に少ない空港ですので 
6時50分にはドアが閉まり
離着陸時のストレスも無く 
あっという間に離陸しました。 

 

帰りはざっくりで8割りぐらいの搭乗率。 
(今後の毎日運航に期待)


人種の割合的にはフィリピン人5割
日本人2割、その他多国籍と言う感じでした。


天候にもよりますが
飛行時間は3時間半~3時間45分ぐらいで 
毎回飛行している様です。 


帰りはほとんど寝ていたのもあり 
この位なら、私的には全然狭くても
我慢出来る時間でした。 


この時は成田空港へ 
11時半前には着陸していました(ง •̀_•́)ง。 


成田空港に到着してまた感動😭。 



「アンヘレスへは直行便だと
 なんてなんだろうと」 

私の個人的な感想は、今後フィリピンの
パンパンガ州に行く(アンヘレス)時は
セブパシフィック航空の直行便の一択です。


以上、成田⇔クラーク直行便の搭乗記でした。 


少しでも皆様の参考になれば幸いです。 


最後までお読み下さり
ありがとうございました
(*_ _)ブログ村に参加しています。 


少しでも役にたった方は
ポチッとお願いします↓↓↓。 


いつも、ありがとうございます(*_ _)。

コメント

非公開コメント

トラックバック